無線LAN 比較では電波範囲や価格が重要

無線LAN比較をするときには商品の電波が届く範囲と同時接続可能人数の確認が重要です。

住宅タイプや部屋数、階数や同時利用人数などが書かれていて、あくまで目安でメーカーによって違いますが選ぶときの参考になります。また、ビームフォーミング対応かも大切で、これはルーターがスマホやパソコンの位置を把握して電波の飛ばし方を集中させる技術で、対応している方がインターネット接続は安定しやすいです。

何より無線LAN比較で決め手なのはやはり価格で、住んでいる環境やインターネットの使い方で一番得なルーターを選ぶのはおすすめです。安価なものから高額なものまで幅広いです。無線LAN比較では通信規格も欠かせず、複数ありますが注目したいことは一つだけで高速で電波干渉が少ない最新規格の「IEEE802.11ad」に対応しているかです。

また、規格に対応したモデルなら下位互換をもち、古い規格の機器でも通信が可能です。IEEE802.11acの特徴が速度で、アンテナの数を増やすなどの工夫で高速化されていて速度は規格値で最大6.9Gbpsを実現してます。電波の干渉を受けにくい5GHzの周波数帯を利用していて、インターネットに接続していて途中で途切れることもなく快適に使えます。最新のスマートフォンはほとんどこの規格に対応しているため、対応している無線LANルーターなら問題なく利用出来ます。無線LANルーターは簡単な操作で接続設定が出来るセットアップ機能を搭載したモデルが多いですが、機種によって対応する機器なども違います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *