規格による無線LAN 比較

無線LANの周波数帯域には、2.4GHz帯・5GHz帯・60GHz帯の3つがあります。

これらの周波数帯域を使ったいくつかの規格が存在します。この規格は電気通信関連の仕様を標準化している米国電気電子学会(IEEE)が定めた国際基準となっています。この規格別に無線LAN比較を行ってみます。IEEE802.11bは2.4GHz帯の最も古い規格です。最大通信速度は11Mbpsで、障害物には強いですが、電子レンジやコードレス電話などの電化製品の電波干渉を受けやすい特徴があります。この干渉のため、通信の実行速度は低下してしまいます。IEEE802.11aは5GHz帯で一番古い規格です。最大通信速度は54Mbpsで、IEEE802.11bの無線LAN比較すると大幅に通信速度が向上しています。

同じく最大通信速度が54MbpsであるIEEE802.11gは2.4GHz帯を使用します。IEEE802.11bと同様、電化製品の電波干渉を受けやすい特徴は同じです。IEEE802.11nは2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数帯で共通の規格となっています。最大通信速度は600Mbpsとなっていて、MIMO・フレームアグリゲーション・チャンネルボンディングという技術の組み合わせで大幅な通信速度の向上が実現できているのです。

他にも5GHz帯を使用したIEEE802.11acや60GHz帯を使用したIEEE802.11adがあり、最大通信速度は7Gbps弱で他の規格の無線LAN比較しても桁違いの通信速度となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *