無線LAN 比較するときのポイント

無線LAN比較するときのポイントは11ac対応だと通信が速くなります。

これは通信規格のことで他にも色々ありますが、一番速いのが「11ac」で電波が密集したところでも通信が安定しやすいです。ルーターだけでなくスマホやパソコンなどの機器も対応する規格は決まっていて、最新機器は基本的対応していますが、古いパソコンだと自動で古い規格で通信されます。つまり使うときには規格のことは気にしなくて良いです。無線LAN比較していくとルーターには最高通信速度が書いてあり、これには「acで通信したとき」と「n/g/bで通信したとき」の最高速度が別々に書いてあります。

例えば、11acで最大1300Mbpsのスピードだったり、n/g/bの通信なら最大450Mbpsですとなります。最近はスマホやパソコンなどを繋ぐときは数値が大きい(acの方)が適用されてますが、実際にこのスピードが出るわけではないです。快適にインターネットを楽しみたいときは11acで「850Mbps」以上あるのが理想です。Wi-Fiルーターからの電波には「2.4GHz」と「5GHz」の2種類があって、「5GHz」の方が早いです。ただ、2.4GHzにもメリットがあって壁や天井などの遮蔽物に強く、遠くまで電波が届きやすいです。

そのため戸建住宅で複数の部屋で使いたいときは向いているかもしれません。5GHzは壁や天井などの遮蔽物には弱いですが、通信は速く電波干渉を受けにくいです。アパートやマンションの一室で使う時にはおすすめで、無線LAN比較でも使う場所によって比べた方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *