無線LAN 比較によって適切な機種導入を

スマートホンなどの情報端末の普及によって、私たちの生活はより便利なものになりました。

従来主流であったパソコンによるインターネット接続をせずに、いつでもどこでも簡単にさまざまなサービスを享受できることは、このような情報端末機器とネットワーク環境の賜物です。インターネット接続を屋外で行うには、携帯電話のキャリアーの通信網や公衆無線LANを経由して接続しています。オフィスや家庭など屋内環境では、光ファイバーによる信号をブロードバンドルーターや分岐ハブなどの各種機器を経由して接続がなされます。

接続するデバイスにより接続方法は異なっていて、デスクトップパソコンであれば有線LANで、モバイル情報端末では無線LANで接続する例が多いです。無線LAN比較では、伝送する信号の周波数帯域と方式や暗号化などで分類がなされます。周波数帯域は2.4GHzと5GHzの2種類があって、2.4GHzの製品が先行していましたが、マンションや集合住宅などにおいて機器が密集する場所での通信速度低下が問題になると、高い周波数の5GHzを使用する機器が売れ筋となっています。

無線LAN比較を信号の伝送方式によって行うと、IEEE802規格の11bやgやnやacがあって、動画や大容量ファイルの送受信にはac規格が適しています。無線は有線と異なって通信を傍受されやすいので、信号を暗号化することが必要になります。暗号化の規格にはWEPやWPAやWPA2があって、WEPは数秒で傍受されてしまうことがわかっているため、WPAまたはWPA2を採用すべきです。無線LAN比較を機器購入で行う際には、価格は伝送速度が高性能なものほど高額であるため、一世代前の機種であっても劇的に性能が劣るわけではないので、このような機種のほうが導入費用を抑えることが期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *