無線LAN 比較をする事で安定した高速通信の実現を

無線LAN比較を行う際には、方式や事例を調べた上でそれらを比較検討することで、最適で安価にシステム構築ができるようになります。

大規模な建築物や構造が鉄筋コンクリートや鉄骨の建築物においては、電磁遮蔽によって無線LANの電波が建物内を透過することができないため、部屋の隅々まで到達しない恐れがあります。

この場合、アクセスポイントや中継器の導入で目的の部屋まで電波が到達し、安定した送受信が可能となります。機器判別のための名称であるSSIDを機器ごとに別の名前で設定してしまうと、接続済みの機器が担当するエリアから別の機器の担当エリア付近に移った際に、すでに繋がっている機器との接続がされたままとなってしまい、速度が出なくことがあります。機器のSSIDなどの設定をすべて同一としておくことで、接続の切り替えが滞りなく行われます。無線LAN比較の他の方法としては、有線と異なり傍受されやすい無線の暗号化があります。

暗号化にはWEPやWPAやWPA2などがあって、比較的に容易に解読ができてしまうWEPでなく、WPAやWPA2などのセキュリティの高い方法を選ぶべきであります。また、無線LAN比較には使用する電波で分けることもでき、2.4GHzと5GHzの周波数帯域のどちらを採用するのかも重要です。先行して導入されてきたものは2.4GHzであり機器費が安いのが特徴ですが、集合住宅などでは干渉と混信が発生してしまって安定した送受信ができません。この点、後発の5GHzの機器では周波数の帯域に余裕があるので切断や速度低下などのトラブルなく通信ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *